劇画という用語の登場時期について 辰巳ヨシヒロ&松本正彦 貸本時代:電子版を読む

2019年正月の三日目、気の向くままに電子書籍サイトで購入してあった9冊を読んでみました。購入後、初めて読むのも若干ありましたが、ほぼ再読です。

辰巳ヨシヒロが三冊
  目撃者、私は消えてゆく、続私は消えてゆく
松本正彦が五冊 
 サボテンくん、金色の悪魔、都会の虹、勇者黒帯くん、人形紳士
 そして、影第二集の全9冊です。

  以前から気になっていたのですが、辰巳さんの目撃者についてです。扉には「長篇スリラー劇画」「セントラル文庫」の文字があり、その次の見開き頁(こちらも扉と言えるでしょう)で初めてタイトル「目撃者」と手描き文字で描かれます。そして見開き頁の右上に以下のテキストがあります。

 脚本 劇画シナリオ工房

 劇画化 辰巳ヨシヒロ

 編集 あさひ・昇

 そして見開き頁での目次があり、1頁の『導入用のアソビ的な頁』があり、やっと本文になります。『導入用のアソビ的な頁』としましたが、専門的な用語があるのかもしれませんが、当方、勉強不足で分かりません。ですが、ここに57-5と手描きで製作年月らしき数字が入っています。

 青林工藝舎 大発見巻末の年譜の、1957年5月 にある「目撃者/単行本 セントラル文庫/126pがこのebookJapan電子書籍の目撃者に相当するかと思われます。 一般的に流布している辰巳ヨシヒロが、「劇画」という用語を初めて使用したとされる、『幽霊タクシー』街12/29p/セントラル文庫/58年2月刊 (この年譜では1957年12月のところに記載)より半年ほど早い時期の頃になる。

 幽霊タクシーにおいて、劇画という用語が公に使用された、という認識も考えなおす必要があるのでしょうか?目撃者の刊行自体が、だいぶ後になってから(1958年以降とか?)という理由で辰巳さん自身があえて、この作品を無かったモノとしたか?(習作的な位置づけで発表する気がなかったとか?)。辰巳さん自身が、完全に単純に忘れてしまっていたか?

辰巳ヨシヒロ大発見年譜1 (1) 年譜の1957年の5月に 目撃者が記載。

 

辰巳ヨシヒロ大発見年譜1 (2)年譜の1957年の12月に 幽霊タクシー 記載。

 目撃者の現物にあたることさえ難しいので、検証は困難ですね(少なくてもワタクシ的には)

2019.1.4記載