カテゴリー別アーカイブ: ハクダイのブログ

K.元美津のデビュー作「彼奴を逃がすな」セントラル出版

K.元美津のデビュー作「彼奴を逃がすな」セントラル出版

 2017.10.28(土)昭和漫画館青虫の蔵書棚に発見。青虫を何度も訪れていたのですが、今まで完全に見落としていました。自分の迂闊さに腹が立ちますが(苦笑)、まあ仕方ない。遅れたけれど遭遇出来て良しとしましょう。

●ストーリー 

沖進(おき すすむ)は、先の大戦~戦争で死んだとされる兄の事ばかりを考えている。兄は、やはり戦死して、この世にはもう居ないのだろうか?果たして兄は生きていた。が、家族を失ったと思った兄は自暴自棄となり、今はギャング団の一員として暗黒街に生きていた。

●基礎情報

 このデビュー作については、当方は、これまで多くの情報を持ち合わせていなかった。まず、題名・タイトルの読み方。「きゃつをにがすな」、「あいつをにがすな」、「きゃつをのがすな」、漢字の読み方が幾通りかあるのですが、「きゃつをにがすな」である事が分かりました。表紙は漢字標記のみですがトビラには、「きゃつをにがすな」とフリガナがあります。

 次に作者(著者)名のクレジット。表紙及び奥付での著者名義は「本水かつよ」(もとみずかつよ・本名:本水克世)。トビラ部分には「K  元美津」と記載。推測だが、作者としては「K元美津」名義を使用したかったのだが、「売れないだろう」という編集(出版)側の意向が存在したのかもしません。「かつよ」と平仮名標記にしているあたりにも、「読者への配慮」を感じさせます。

 表紙絵について。これは、作者であるK氏本人の絵では無いように思います。作者以外の方が表紙を手掛けるのは、この当時は一般的だったようです(とハクダイは理解しています)。

Kmotonizu(debuet-kyatu)title-1024

表紙. ハクダイ的には「悪くない」表紙かと思います。書名部の色使い、アクションものらしい、構図~構成、映画のポスター発表のようです。ラフに絞めたネクタイもカッコいいです。「本水かつよ」という字面は、画数も少ないのですが、とっつきにくい印象を受けます(ハクダイ的には)。

Kmotonizu(debuet-kyatu)tonira-1024  Kmotonizu(debuet-kyatu)okuzuke-1024

扉(トビラ)と奥付 左が扉部分です。「K」「元」「美」「津」を色違いのボード板に見立てた、作者名クレジットがシャレています。劇画工房同人では、松本正彦氏の作者名クレジットが最も「図案風」であったという見方があるように理解していますが、デビュー作で、このような作者名標記をするあたりにK氏のデザインセンスの良さを感じます。右は巻末のいわゆる奥付ページです。発行年月日の記載は無で、著者名は「本水かつよ・名義」とあります。二人の男たちのシルエットと、ローマ字によるサインはK氏の手によるものかと推測します。

Kmotonizu(debuet-kyatu)P2-3-1024   Kmotonizu(debuet-kyatu)P4-5-1024

巻頭のカラーページ どこにでもある生活風景、日常生活を、普通に、当たり前に描写していて、特筆すべき点は無いと感じる方が多いかと思います。ですが、この生活感は、同時代の雑誌掲載の連載漫画では味わえないモノであるように思います。昭和30年代初頭の日本の風景と考えるとなかなかに興味深いです。模型飛行機を飛ばすシーンが生き生きとしています。

Kmotonizu(debuet-kyatu)P6-7-1024   Kmotonizu(debuet-kyatu)P8-9-1024

巻頭のカラーページ(つづき) 左の戦闘機シーンは絵物語調でも、旧来の児童漫画のタッチでも無く、リアルは漫画を志向した、劇画工房同人の特徴が明白に出ていると思います。右の酒場シーンも興味深いです。

Kmotonizu(debuet-kyatu)P16-17-1024

悪役のギャングたち 児童漫画からの脱却を図ろうと腐心しているように感じるのですがいかがなものでしょうか?「悪役」をいかに表現するか?これも、リアルさを追求する意味で大きな課題であったかと思います。

Kmotonizu(debuet-kyatu)P66-67-1024

 

綺麗な女性 悪役同様に、大人の女性をどう表現するか?これも大きな関心事であったでしょう。K氏は、少女向け、女性向けの作品を手掛けた事はほぼ無かったかと推測しますが、劇画工房同人の中では、最もその素養があった作家だったかもしれません。

2017.11.15記す

 

 

 

漫画ゴラク・コミックス B5雑誌タイプ みなごろしの歌 佐藤まさあき

2017年のゴールデンウイークに某古書店で購入。

昭和44年1月20日発行。全7作を収録。定価¥150。

巻末に「作品と私」と題して、作者自身による作品解説(作品解題)があります。また裏表紙にも、「ハードボイルドへの挑戦」と題した作者の一文があります。今回、漫画ゴラクさんの御尽力により、こうした型(原文ママ)で私のハードボイルド劇画のいくつかをまとめて戴けたことは云々・・・とありまして、漫画ゴラクに掲載された作品を集めた編集のようです。

手元にある『劇画の星をめざして』佐藤まさあき氏の自伝的著作(1996年・文芸春秋社)収載の佐藤まさあき作品リストと照らし合わせてみたところ、次のようになりました。リスト内の情報は、発表年、雑誌の場合は掲載誌のみで、精度にはやや欠けます。同一年の中では発表発行順で、「新」とあるのはリメイク。

No.1 青い漁火/コミックマガジン(芳文社)1967年(S42)

No.2 猫を噛む鼠/漫画ゴラク1968年(S43) 新(リメイク)旧作もリストに記載「残酷物語」佐藤プロ1963年(S38)

No.3 血で血を洗え/漫画ゴラク1968年(S43)

No.4 街は眠らない/漫画ゴラク1968年(S43)

No.5 血の掟/漫画ゴラク1968年(S43)

No.6 征服者の最後/漫画ゴラク1968年(S43) 新(リメイク)⇒旧作についてはリストで見つけられず

No.7 みなごろしの歌/リストに見つけられず 旧作と思われる同名の作品がリストにある⇒「黒い影」三洋社1960年(S35)

 どの作品も佐藤まさあき作品らしさが感じられます。

・貸本漫画~雑誌の移行期(端境期)直後と言える時期に制作された事もあるのでしょう、30~50ぺージ程度の作品としては、密度が濃いというか、詰めこんだ感があるように感じます。

・女性キャラクターをはじめとして、全体のキャラクターに統一感が無いような印象があります。貸本時代と違って、背景まで精緻に描写する必要が出てきた、と言えるかと思いますが、さいとう・プロのようなシステマチックな分業体制が行われていたとは言い難いでしょう。

佐藤まさあきゴラクコミックスみなごろしの歌 (2)-1024

 

 見開きです。拳銃を握るのは佐藤さんでしょうか?(苦笑)

佐藤まさあきゴラクコミックスみなごろしの歌 (1)-1024

巻末です。銃を構える御馴染みの佐藤さんの写真(苦笑)。作品解題と、編集後記的な一文です。

佐藤まさあきゴラクコミックスみなごろしの歌 (3)-1024

 

表紙です。デザイン的には真っ当すぎる?。やはり、これも佐藤さんらしいですね。

2017.10.10記す。

 

身辺雑記

ブログ含めてひと月ほど更新できていない・・残念。

8月に入ってからは、やることなす事イマイチ、いまひとつ。公私に亘って(公も私も全く大したことないのではあるが)独りよがりな日々が続きました。

お盆安みは幸いにも七日間連休でしたが、充実したうようなしなかったような。

部屋掃除が出来た、ビデオ視聴環境に改善があった、・・この2件ですかねえ、plusな事は。

出掛けると買い物してしまうので、断捨離に憧れるものの全く進められない、ヘタレ野郎としては、またまた不要物を買い込んでしまうだけになってしまうという残念な結果が見えるだけでして、自宅待機が続きました(苦笑)。先立つものは無いことは無い(苦笑)←ホントか?

8月下旬突入。人生あっという間に終わらないように少しは気合いを入れようと思うのでした。

2017/8/21記す

デイヴィッド・ホックニー版画展を見る

地元いわき市立美術館で開催の標記展に行って来ました。2017.7.9(日)。会期は6.10~7.17

恥ずかしい話、このアーティストさんの名前は知らなかったです(苦笑)。英国生まれでアメリカを拠点に移して長く活躍、とざっくりまとめてしまいますが、1960年代以降、その影響を受けた日本のアーティストも数知れないのでしょう。日本のアーティストには、当然、マンガ家と呼ばれる事が多い人たちも含まれるかと思います。

 国内最大のホックニー版画コレクションを誇る東京現代美術館の所蔵品が中心の展示でした。(1960年代から近年までの約140点)。

美術なり美術史を体系的に学ぶ機会を持ちたいと常々思っているのですが、なかなか思うようにいきません。

デヴィットホックニー展 (1)-1024

デヴィットホックニー展 (2)-1024

2017.7.23記す

シリーズ・松本正彦2016~その4 『鐘鳴れば人が死ぬ』 松本正彦&桜井昌一の共作

『鐘鳴れば人が死ぬ』セントラル文庫 松本正彦&桜井昌一の共作

だいぶ前から、その存在自体は確認できていたのですが、読む機会が無かった本作品、先月2017年6月下旬に昭和漫画館青虫さんを訪問した際、やっと読むことができました。

既に旧聞に属することでありますが、昨年2016年、「ハクダイのカカク」管理人・ハクダイは、故・松本正彦さんの御長男である松本知彦さんに2度ほど御会いする機会に恵まれました。2016年には「松本正彦・知彦・親子展」、「松本正彦・切り絵展」が開催され、「アーテイスト・松本正彦」の業績を振り返るにふさわしい年だったと思います。不定期ではありますが、松本正彦関連の話題をシリーズとして綴っていきたいと思います(2017・6・13)。

1.単行本表紙と前書き相当部分

松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (3) 松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (6)

 二人の作家が一つの作品を共同で仕上げる、このようなマンガ制作スタイルがどれほど一般的であるのか?共同制作の定義からして難しいのですが、その問題はさて置きまして、この作品の構成は次のようになっています。

 冒頭と終盤部分を共同で制作(同一ページ内に二人の筆致が混在)、全体の約半分(前)を松本さん単独で描き、後半を桜井さんが描く。

 松本制作部分、桜井製作部分の両者間の、作劇上の関係性、ストーリー展開上の必然性はあまり濃くない(どちらかと言えば希薄でしょう)。共作部分の最終盤にて、両者の描くキャラクターが不幸なカタチで出会うのですが、この演出を劇的とみるか?行き当たりバッタリ?と見るか意見の分かれるところでしょう。

2.松本担当部分の概要

 死んだ妻の姉の家に居候している男とその娘(父娘)。父娘に対する姉の態度・行為はキツク、冷たいもので父娘は肩を寄せ合うようにひっそりと暮らしている。難な経済状況の中、父は娘を学費の高い音楽学校へ通わせている。経済的な困難と姉の非情さが、温厚・善良な父を追い込み、いつの間にか父は犯罪に手を染めていってしまう。

 善良な中年男が、あっさりと殺人に身を委ねるまでになってしまう様を淡々と描写する。父はゆっくりと狂っていっているのかもしれない。もし自分が、この父の立場だとしたら、同じようにゆっくりと変調をきたしていくのではないか?そんな恐怖に捕らわれる、リアリティー度の高い内容かと思います。。

3.桜井担当部分の概要

 世間から虐げられて育った少年・幸田仁。自らが意図しないカタチであったが、二人の人間の死(事故死とされたが)に関わった少年・幸田は、やがて社会へ出て働くようになった。鐘の音が聞こえた時に殺人が起こる、という奇妙な事実に思い至った幸田仁は自分の生まれた故郷の教会で、自らの不幸な出自の秘密にたどり着く。鐘の音と殺人に関連性はあるのだろうか?

 妄想と客観的事実に曖昧なところがありますが(作劇上、大事なポイントですが)、桜井氏らしいミステリーとなっています。幾分脱力系?と解釈されることも、まま在るでしょう。下書きとなる、あるいはインスパイアされた海外のミステリー小説の桜井氏なりのマンガによる再構築なのかもしれません。

4.ページ割り詳細

全体のページ割り、制作担当については以下のようになると推測。下記数字は各ページ印刷のノンブル(ページナンバー)です

・2~5:冒頭:松本&桜井の共作

・6~7:見開きの扉部分、松本&桜井の共作。タイトルの描き文字は松本と推測

・8~81:松本単独

・82~154:桜井単独

・155~159:松本&桜井の共作

5.実際のページを幾つか紹介

松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (7)-1024

 ↑作品冒頭のカラーページより。共作部分。

松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (9)-1024

 ↑見開きトビラ部分。共作だろう。タイトルの描き文字は松本だろう。

松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (16)-1024 松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (17)-1024

松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (18)-1024

↑物語終盤部分の共作部分(3枚)。

松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (13)-1024

↑松本さん単独部分。

松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (15)-1024

↑桜井さん単独部分

6.その他興味深い点

(1)制作年は?

松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (10)-1024 

 制作年が1960年と考えられる、奥付日付は無いのだが、松本正彦氏は作品中に制作年月をクレジットすることが多く、1960年制作と推測できる描き込みがある。また、劇画工房脱退後に使っていた『劇画ファストプロ』(ファーストとする場合もあるようだ)のマークが確認できる。

(2)浮浪者らしき男が歌う歌。

 作品冒頭のカラーページに登場する浮浪者のような男が作品最終盤にも登場し、冒頭と同じ歌(と思われる)を歌います。

歌詞を引用しますと(カッコ内はページ)
・冒頭:

 月影は夢路をてらして(2P)  歓びは果てしもなし(3P) 

 なごりの夢 朝日に消えて(8P)

・最終盤:

 月影は夢路をてらして(155P) なごりの夢 朝日に消えて(158P)

 一人帰る さみしさよ(159p)

 興味深いのは、これらが松本・桜井の共作ページにあり、全て松本の手によるコマだということです。なかなかに凝った演出と言えるでしょう。また、この歌自体が、実際に存在したモノなのか松本正彦のオリジナル曲(歌詞)なのかは不明です(判断出来ない)。

(3)巻末の広告

 劇画全集・・・商業的な必要性に駆られてのシリーズ名かと思いますが、劇画という言葉が業界に定着するまでの期間が極めて短かったと言う証左と言えるかもしれません。組織としての劇画工房の存続期間には諸説ありますが、1959年(昭和34)のほぼ1年としても、翌年1960年には違和感なく業界で通用していたのだと思います。また、この作品は、当初の目論見としては劇画全集6集として、松本正彦単独作「誰が殺した」として企画された可能性もあるでしょう。

松本&桜井_鐘が鳴れば人が死ぬ (1)

2017.7.10記す