カテゴリー別アーカイブ: ハクダイのブログ

フーテン(全)永島慎二 ちくま文庫1988.9.27一刷

フーテン(全)を本棚から取り出して読み始めました。一度通読したのか、途中までになってたのかもアイマイになっています。収録作品の発表誌が記載されていて、1967年から1970年にCOM、 プレイコミック、そして量は少ないが一部はガロに掲載とあります。1972年6月の青林堂から単行本刊行とありますが、こうして改めてみると初出、単行本化、そしてこの文庫化(ちくま文庫)まで20年間、すべて昭和の時代です。(ちなみに、その間、講談社漫画文庫で上中下の三分冊で刊行あり:1976年)。

 今は平成の三十年間も終わって令和・・・。自分の感覚というものはあてになりません、時間は誰にとっても等しく流れます(苦笑)。すでに古典と言ってもよい作品かと思いますが、こうしてみると、技術の進歩というのは人間の営みに大きく影響を与えていますね。

 裏表紙の作品紹介文には、「1960年代後半、高度経済成長の時代」という一文があるのですが、1960年代初期を舞台にした作品も含まれます。永島さんはいい意味でも悪い意味でも、数年ごとに、作品の性質が異なったような印象がありまして、ほんの数年でも、作品への取り組み意識が違うような気がします。作者の実生活と作品がリンクしているような印象が漠然とありますね(実際に調べたことは無いですが)。

さいとう・たかをさんとウマがあったというエピソードが存在しまして(本当か?個人的にはそう理解していますが)、なかなかに興味深いです(苦笑)。

検索してみたところ、筑摩書房のサイトで「創業70周年記念復刊」と紹介されていました。

2020.3.17記す。フーテンちくま文庫画像

漫画漫画時代劇vol.19 パチンコ実戦ギガMAX 10月号増刊 (2019年、㈱ガイドワークス)

ここ数年は、マンガ雑誌自体に元気が無い?というか、マンガ雑誌を読むという習慣自体が、

新作なのか旧作品の採録なのかに関しての記述が全く無いようです(見落としている可能性はありますが)、奥付が無い場合が多かった貸本マンガや、あまり有名でない出版社から出ていた昭和時代の成人漫画誌みたいなかんじですが、ありとあらゆる情報が入手しやすくなった令和の時代にあっての、このスタンス、ある種の清々しさ、潔ささえ感じますね。

 時代劇画ファンのお便りひろば、STATIONと題された、読者の投稿欄(1ページ)が興味深いです。9名の方のおたより〜感想文が掲載されているのですが、投稿者の年齢層がとても高いです。64歳が一番若くて最高齢は89歳。60代が5名で、9人の平均年齢は、69.9歳。皆さん、貸本マンガの読者だった?なんていう推測もあながちデタラメでは無いかもしれませんね(苦笑)。編集のスタンスが、幾分ゲリラ的?(令和の時代としては?)のような気がしておりまして(ディスっているわけでは無いです)貸本マンガが持っていた雰囲気にどことなく通じるようにも思います。

 銭形平次捕物控  漫画/木村直巳、原作/野村胡堂:質感としては近年かなあ?

必殺仕置長屋一筆啓上編 漫画/木村和夫 原作/山田誠二:これも質感としては近年かなあ?

おんなの仕置人お銀の舞:ケン月影 80年代かもしれません。

狂刃 とみ新蔵:本格です。

丹下左膳 漫画:神田たけ志 原作:林不忘 新しいのか古いのか?判断できません。神田さんの後期?白っぽい感じですが、好みが分かれそうです。

蘭医はやぶさ 甲良幹二郎:これは、そこそこ古いか?さいとうプロ作品では無さそうです。

女形気三郎 ジョージ秋山:艶めかしいからスゴイ。

闇の風 石ノ森章太郎 :ラインナップ中、一番マンガ漫画した作品でしょう。

DSCN0367 DSCN0365

2020.1.27記す

漫画読本vol.12池上遼一本 を読む

池上遼一さんの、そんなに熱心な読者では無いのですが、なんだかんだと40年くらいのプチ・池上遼一ファンかもしれません。貸本マンガにて何作か作品があるので、貸本マンガ時代から活動している作家さんと見做すのは、あまり適切では無いのかもしれませんが、昭和30年代からキャリアがあるマンガ家さんが、とんと少なくなって来ているので(当たり前ですが)近年の若い読み手さんからすれば、さいとう・たかをさんとそう変わらない年代のレジェンド級のマンガ家になるのかもしれませんね。

 令和の時代にあって、「劇画」という言葉を象徴、代表する作家は、さいとう・たかをさんと池上遼一さん、の「双璧」と言えるでしょう。平田弘史さんは、良くも悪くも一般的な知名度の点では、このお二方に及ばないでしょう。

 刀鍛冶の流れを組む血筋のようですが(収録の水木しげる先生の池上遼一伝によればお父様が刀鍛冶との事です)、納得できますね。視覚メディアと文字のメディアの中間に位置するマンガという表現で成功された池上先生の、穏やかかつ思索的行為に満ちた表情に惹かれます。二十代の頃の写真、現在の七十代の写真、50年の歳月が直結しているというか、自分のような凡人には伺い知れない時間が流れているように思います。

漫画家本池上遼一本

 

2019.12.22記す。

 

まんだらけZENBU96号 貸本「街」の特集が凄い

毎度毎度見るだけになっている、まんだらけゼンブ、先週届いた96号も、やっぱり見るだけというか、物欲しそうに眺めてる・・ですね、苦笑。

影と街、古本市場では圧倒的に影の方が入手しやすいですが、街の方が作家がバラエティーに富んでいる印象がありますね(個人の感覚ですが)。最終号は63号と影の半分程度と短命だったかと思いますが、街を足掛かりにしたクリエイターが数多く出ておりまして、マニア心を刺激する存在かと思います。63号でも十分長命ではありますが・・・。

96号は、街1号から20号まを取り上げています。刊行時期は1957〜1958年(昭和32〜33)に相当するのですが、劇画工房旗揚げが1959年(昭和34)1月であることを考えれば、この二年間こそが、マンガ表現の変化(進化)を考える上で、極めて重要な時期なのかもしれません。辰巳さん、松本さんなどが、既存の漫画表現からの脱却を図り実験的な取り組みを数多く行ったのがこの時期なのかと思います。

しかし、二冊くらいでいいから入手したいなあ・・苦笑

まんだらけZENBU96

2019.12.18記す

漫画家本vol.7 さいとう・たかを本

2018年9月17日初版第一刷発行、小学館少年サンデースペシャル。記憶に間違いが無ければ、昨年2018年のうちに購入していたのですが、結局読み終えたのは今年の10月頃。

『さいとう・たかを作品』、または『さいとう・プロ』作品のクオリティの高さを改めて実感させられました。人気がそんなに出なくて短命に終わった作品も少なくないのだろうけど、とにかく多作というか、複数の連載を抱えるのが当たり前の時代、マンガ市場の拡大とともに歩んで来たマンガ家世代、ヒット作、話題作、著名作品の多さに今さらながら感心します。

証言、鼎談として辰巳ヨシヒロ、石川フミヤス、南波健二、甲良幹二郎、神田たけ志、都合五氏の名前がありますが、さいとう・たかを氏の引き立て役にしかなっていないのですから(少なくても私には、そう感じられる)、恐るべしといったところでしょうか?

なのですが、代表作や代表的なキャラクターの性質をさいとう・たかを氏個人に帰属なり収束させようというスタンスは適切なのか?と疑問に感じます。良い意味でも悪い意味でも、読者至上こそがさいとう・たかを氏の作品制作のスタンスであると理解しているので。

集団制作と個人制作、読者の求める制作の在り方とは?クリエイターとは?いろんな事を考えるのでした。まあ、そんな事はどうでもよくなりますね、巻頭のカラーページの素晴らしさの前には。

さいとう・たかを本表紙写真

 2019.12.2記す