カテゴリー別アーカイブ: ハクダイのブログ

シリーズ・松本正彦2016~その5 松本正彦氏御長男・松本知彦氏ミニインタビュー

 2016年7月某日及び11月某日、渋谷区(代々木上原)ファイヤーキングカフェにて故松本正彦氏の御長男である松本知彦さんと二度、お会いすることが出来ました。知彦さんに初めてお会いしたのは、2015年5月に行われた「辰巳ヨシヒロさんを偲ぶ会」の会場。会場でお見かけし、図々しく話しかけて御挨拶させて頂きました。公私に亘ってお忙しい中、時間を作って頂いた知彦さんに、一人のマンガ好きとして、あれこれお話を伺う事ができました。

毎度の事ですが、当方(ハクダイ)の準備不足及び、力量不足が大きな原因となって(苦笑)話題は取り留めもなく、話が散漫になってしまいました。ですが、興味深い内容も多く、とりあえずミニ・インタビュー風にまとめさせて頂きました。文中、一部敬称略とさせて頂きました。ご了承ください・

松本友彦さんは昭和38年生まれで、東京生まれの東京育ち。武蔵野美術大学を卒業後、某一部上場企業に約10年間勤務されたのち起業。㈱Dig代表取締役としてスタッフ20数名を束ね、イラストレーターとしても活躍されています。家庭人としては、二男二女の良き父、そして夫です

・御経営なされている㈱digの公式サイト ← クリック 

松本知彦さんのオフィシャルブログ ← クリック

以下、松本知彦さん:M~青文字太字斜体聞き手ハクダイ:H~緑文字

1. 劇画工房同人8人全員が写っている写真について

 劇画工房同人全員(8名)が写っている写真は、一枚(ワンショット)しか存在しない・・・・少なくても私ハクダイは一枚しか知らない。当サイトでもこの写真を借用させて頂いておりますが、この写真の履歴というか?出どころはどこなんでしょうか?長年、この疑問を持ち続けてきた。が、この疑問は7月の知彦さんとの面談であっけなく解消されました。

この写真は、NHK総合テレビの爆笑問題さんの番組『探偵バクモン』での「ゴルゴ13の秘密基地に潜入せよ!」2013年1月16日放送分(後編として23日放送もあり)の番組内でも紹介されており、マンガ史を振り返る場合、重要な一枚であると考えます。

当該の『探偵バクモン』に関する参考サイト⇒  その1   その2  ← クリック

劇画工房8人集合写真

 

劇画工房同人全8人が写っている唯一の写真(人名キャプションは、ハクダイ追記)

M:あの写真はウチのですよ。実際に撮影したカメラもネガも家にまだ残っていますよ

H:ホントですか?それは初耳です。数年前にNHKの爆笑問題さんの番組で、ゴルゴ13の秘密に迫るみたいな内容の時があって、さいとうプロを爆笑問題さんの二人が訪ねる のですが、さいとうさんの駆け出しの頃だか、若かりしころみたいな流れで、この写真が出てきました。

M:そんな事がありましたか。知りませんでした。

H:オモテに、世間に出ている写真として、劇画工房同人全8人が写っている写真はこれだけだと思っているのですが・・・・

M:確かにそうかもしれない。誰かが欠けていたり、他の(同人以外)の誰かが写っていたり(苦笑)。

H:誰か撮影者が居たんでしょうか?

M:それは何とも。でも、他の(劇画工房同人意外の)人が写っているショットが残っていますね。国分寺で撮影したんでしょうね。

H:そうですね、国分寺だと思います。

山森ススム、K.元美津の京都在住の両氏は、結局、京都を離れず東京へ居を移さない~(上京しない)~なのであるが、1959年(昭和34年)に短期間ではあるが、都内に短期滞在した時期があった事は確かである。服装や、その他の状況より推測するに撮影は1959(昭和34)年の3~6月くらいかと思う。国分寺のアパート(劇画工房同人のだ誰かが住む)の一室で撮影されたものであろう。

M:カメラはアイレスの二眼レフですね。皮のケースが付いてて・・・

H:それは歴史的なカメラかと思うんですが・・・

M:そうかもしれない・・・。

 2.普段の松本正彦さんは?

H:辰巳さんの『劇画漂流』では、松本正彦さんについては、好き嫌いが激しい~偏食ぎみ、のように描かれていますが、食に関しては、どのような感じでしたか?

M:きゅうりは嫌いでしたけど、それほど(好き嫌いがあるとは)感じませんでしたね。昔はそうだったのかもしれませんが。料理するのは好きで結構してましたね。母が働きに出ていて、父の料理で育ったという感じですから。

H:衣類やおしゃれへの関心は?さぞかし、おしゃれだったような印象があるのですが?

M:そうでもないですね。若い時は知らないですけどね。でも、お袋が言うには、「ひとよりオシャレだった」とのことですが。僕が大学に行っていた頃、バーバリーのコート、父親が来ていたものを(譲って)もらいましたけど。トレンチコート。多分、いいヤツだったんじゃないですかね。

H:お住まいに関するコダワリは?

M:おしゃれも、住居もお金が掛かりますからねえ。ウチはお金無いす(苦笑い)。

H:本、映画、音楽、この三つですと、何に一番重きを置いていましたか?

M:若い頃は知らないですけど・・・。三つとも、優劣(順番)つけがたい、と思いますね。落語のテープは凄い一杯持っていましたね。

H:ひいきの落語家さんとかは?

M:志ん朝かな。それと、音楽はモーツアルト、これも、いっぱい持ってました。

H:モーツアルト、それは興味深いですね。

M:若い頃は知りませんよ・・僕が高校生くらいの時は、そんな感じでしたね。

M:映画は、寅さん・・・大好きでしたね、僕が高校生の頃(1980年前後)は。昔は知りませんけど、黒澤明とかは、大好きだったんでしょうけど。

M:本はたくさんあったんですけど、何読んでいたとかは、あまり知らないです。海外ミステリー、SF小説も読んでいたと思います。

H:寅さんが好きだったんでしょうか?山田洋二監督のファンだったんでしょうか? 

M:ペーソスものを描いていましたから、何もおきない、殺人もおきない、なんでもない日常の、人と人の織りなす機微みたいなものが彼は好きだったんじゃないですかね?東京物語とか?そうじゃないですか?小津(安二郎)も好きだだったんでしょうけど。

H:自作の単行本、原稿などは残されていたのでしょうか?

M:原稿は残っていないし・・・・、これは時代でしょうね。(自作)単行本は好きなものしか残していないですね。生活のために描くようになったものは全然残っていないですね。自分が好きで描いたものしか残っていないようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

貴重な御時間を割いて頂きました松本知彦さんに、改めて御礼を申し上げます。

 2017.11.23 作成 文責:ハクダイのカカク管理人ハクダイ

 

 

2017年10月28日 青虫訪問

●2017年10月28日(土) 2017年、2度目の青虫訪問

以前の特集へ「只見・青虫へ行こう!!2015年夏編」←クリック

2016年のインタビューへ 2016年10月実施 ←クリック

 

 2017年の青虫訪問は2度目。予定では、もっと多く訪れたかったのですが・・・・。

 昼12時頃に青虫入りし、途中食事外出などを挟んでの約4時間という短い時間でしたが、K.元美津の単行本デビュー作品を蔵書棚に発見するなど濃密な時間を過ごせました。また、高野館長に、2017年の青虫の事、メディア芸術祭贈呈式の事など、興味深いお話も伺えました。

 既に旧聞に属する話題ですが、昭和漫画館青虫・高野行央館長は、第20回文化庁メディア芸術祭(2017年)功労賞を受賞しました。

ハクダイ(以下、H):2017年、今年の入館者数はどのくらいでしたでしょうか? 5,6,7,8,9,10月の六カ月、半年間

高野館長(以下、T):二百数十名程度ですね。三百までは行かなかった。

H:手塚治虫スタンプラリーが、昨年2016年(期間は7~8月)に引き続き、今年2017年(期間は7~9月)にも開催されましたが?

T:昨年は青虫もスタンプ設置場所になってましたが、今年はスタンプ設置場所に成っていないので、その影響もあったようです。

H:文化庁メディア芸術祭功労賞の受賞、ホントにおめでたいです。最初、どんな感じで連絡があるものなんですか?

T:まず、事務局から受賞を受けるかどうかの確認の電話がありました。それが1月下旬のこと。

H:なんか、個人的には全く縁が無いお堅いというか、権威のある賞ですから、想像するしかないんですが(苦笑)、選考からメディア公開まで、多くの手続きというかプロセスがあるのでしょうね。

T:トップに上げる前に、受ける側への受賞の意思の確認を・・・、そういうことなんでしょう。

H:賞自体の受賞式は行われるものなんですか?

T:受賞式では無くて「贈呈式」というカタチですね。

H:ああ、贈呈式ですか、なるほど納得です。その贈呈式は一般公開なり、マスメディア関係などへの公開があるものなんでしょうか?

T:一般には公開されないですね。関係者のみが参加できるものですね。

H:では、受賞者の方々だけがその場に居るという事なんですか?

T:いや、受賞者の家族などは入れます。家族~関係者を招待する、という感じでしょうか。

H:まあ、人数把握なり身元確認なり、それなりの手続きがある事は容易に想像できますね。知名度の極めて高い受賞者の方々も少なからず、その場に居るわけで(苦笑)、何も規制しなかったら、大混乱になってしまうでしょうから(苦笑)。

T:私の場合は、妻と子供の家族が臨席しました。

H:贈呈式で、高野館長は何かする事あるのですか?無遠慮な質問ですみません・・・・。

T:3分ほど、スピーチを行いました。

H:それは、拝見したかったですね。

T:贈呈式の後にパーディーがありまして、それは妻のみ同伴で参加でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

文化庁メディア芸術祭(ぶんかちょうメディアげいじゅつさい、英語: Japan Media Arts Festival) 

 文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁、国立新美術館)が主催しているアートとエンターテインメントの祭典。芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を表彰することを目的に、1997年度から毎年実施。また、受賞作を対象に展示会や関連イベントなどが行われる。
 アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門 の4部門について、大賞・優秀賞・新人賞を選定。また、第5回(2001年)と第6回(2002年)には特別賞、第7回(2003年)以降は功労賞が授与されている。

 2017年の受賞作品展は東京オペラシティにて9月16日~9月28日に開催。贈呈式もこの会期中に実施。 

 ☆ウイキペディアより引用~一部修正。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20171028_D600J_8990-1024 20171028_D600J_8988-1024

高野館長の「指定席」、入口入って直ぐの受付カウンターにて

20171028_D600J_8992-1024

 

カウンター向かって右正面より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここ数年は、書籍以外の古いおもちゃ、グッズ類の充実が著しいです。

20171028_D600J_8944-1024 

20171028_D600J_8950-1024

20171028_D600J_8957-1024

20171028_D600J_8945-1024

20171028_D600J_8953-1024

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20171028_D600J_8983-1024 

20171028_D600J_8984a-1024 20171028_D600J_8985a-1024

2017年メディア芸術祭の公式ガイド本も置いてありました。高野館長紹介部分です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前の特集へ 「只見・青虫へ行こう!! 2015年夏編」 ←クリック

2016年のインタビューへ 2015年10月実施 ←クリック

 

2017.11.23記す。

 

K.元美津のデビュー作「彼奴を逃がすな」セントラル出版

K.元美津のデビュー作「彼奴を逃がすな」セントラル出版

 2017.10.28(土)昭和漫画館青虫の蔵書棚に発見。青虫を何度も訪れていたのですが、今まで完全に見落としていました。自分の迂闊さに腹が立ちますが(苦笑)、まあ仕方ない。遅れたけれど遭遇出来て良しとしましょう。

●ストーリー 

沖進(おき すすむ)は、先の大戦~戦争で死んだとされる兄の事ばかりを考えている。兄は、やはり戦死して、この世にはもう居ないのだろうか?果たして兄は生きていた。が、家族を失ったと思った兄は自暴自棄となり、今はギャング団の一員として暗黒街に生きていた。

●基礎情報

 このデビュー作については、当方は、これまで多くの情報を持ち合わせていなかった。まず、題名・タイトルの読み方。「きゃつをにがすな」、「あいつをにがすな」、「きゃつをのがすな」、漢字の読み方が幾通りかあるのですが、「きゃつをにがすな」である事が分かりました。表紙は漢字標記のみですがトビラには、「きゃつをにがすな」とフリガナがあります。

 次に作者(著者)名のクレジット。表紙及び奥付での著者名義は「本水かつよ」(もとみずかつよ・本名:本水克世)。トビラ部分には「K  元美津」と記載。推測だが、作者としては「K元美津」名義を使用したかったのだが、「売れないだろう」という編集(出版)側の意向が存在したのかもしません。「かつよ」と平仮名標記にしているあたりにも、「読者への配慮」を感じさせます。

 表紙絵について。これは、作者であるK氏本人の絵では無いように思います。作者以外の方が表紙を手掛けるのは、この当時は一般的だったようです(とハクダイは理解しています)。

Kmotonizu(debuet-kyatu)title-1024

表紙. ハクダイ的には「悪くない」表紙かと思います。書名部の色使い、アクションものらしい、構図~構成、映画のポスター発表のようです。ラフに絞めたネクタイもカッコいいです。「本水かつよ」という字面は、画数も少ないのですが、とっつきにくい印象を受けます(ハクダイ的には)。

Kmotonizu(debuet-kyatu)tonira-1024  Kmotonizu(debuet-kyatu)okuzuke-1024

扉(トビラ)と奥付 左が扉部分です。「K」「元」「美」「津」を色違いのボード板に見立てた、作者名クレジットがシャレています。劇画工房同人では、松本正彦氏の作者名クレジットが最も「図案風」であったという見方があるように理解していますが、デビュー作で、このような作者名標記をするあたりにK氏のデザインセンスの良さを感じます。右は巻末のいわゆる奥付ページです。発行年月日の記載は無で、著者名は「本水かつよ・名義」とあります。二人の男たちのシルエットと、ローマ字によるサインはK氏の手によるものかと推測します。

Kmotonizu(debuet-kyatu)P2-3-1024   Kmotonizu(debuet-kyatu)P4-5-1024

巻頭のカラーページ どこにでもある生活風景、日常生活を、普通に、当たり前に描写していて、特筆すべき点は無いと感じる方が多いかと思います。ですが、この生活感は、同時代の雑誌掲載の連載漫画では味わえないモノであるように思います。昭和30年代初頭の日本の風景と考えるとなかなかに興味深いです。模型飛行機を飛ばすシーンが生き生きとしています。

Kmotonizu(debuet-kyatu)P6-7-1024   Kmotonizu(debuet-kyatu)P8-9-1024

巻頭のカラーページ(つづき) 左の戦闘機シーンは絵物語調でも、旧来の児童漫画のタッチでも無く、リアルは漫画を志向した、劇画工房同人の特徴が明白に出ていると思います。右の酒場シーンも興味深いです。

Kmotonizu(debuet-kyatu)P16-17-1024

悪役のギャングたち 児童漫画からの脱却を図ろうと腐心しているように感じるのですがいかがなものでしょうか?「悪役」をいかに表現するか?これも、リアルさを追求する意味で大きな課題であったかと思います。

Kmotonizu(debuet-kyatu)P66-67-1024

 

綺麗な女性 悪役同様に、大人の女性をどう表現するか?これも大きな関心事であったでしょう。K氏は、少女向け、女性向けの作品を手掛けた事はほぼ無かったかと推測しますが、劇画工房同人の中では、最もその素養があった作家だったかもしれません。

2017.11.15記す

 

 

 

漫画ゴラク・コミックス B5雑誌タイプ みなごろしの歌 佐藤まさあき

2017年のゴールデンウイークに某古書店で購入。

昭和44年1月20日発行。全7作を収録。定価¥150。

巻末に「作品と私」と題して、作者自身による作品解説(作品解題)があります。また裏表紙にも、「ハードボイルドへの挑戦」と題した作者の一文があります。今回、漫画ゴラクさんの御尽力により、こうした型(原文ママ)で私のハードボイルド劇画のいくつかをまとめて戴けたことは云々・・・とありまして、漫画ゴラクに掲載された作品を集めた編集のようです。

手元にある『劇画の星をめざして』佐藤まさあき氏の自伝的著作(1996年・文芸春秋社)収載の佐藤まさあき作品リストと照らし合わせてみたところ、次のようになりました。リスト内の情報は、発表年、雑誌の場合は掲載誌のみで、精度にはやや欠けます。同一年の中では発表発行順で、「新」とあるのはリメイク。

No.1 青い漁火/コミックマガジン(芳文社)1967年(S42)

No.2 猫を噛む鼠/漫画ゴラク1968年(S43) 新(リメイク)旧作もリストに記載「残酷物語」佐藤プロ1963年(S38)

No.3 血で血を洗え/漫画ゴラク1968年(S43)

No.4 街は眠らない/漫画ゴラク1968年(S43)

No.5 血の掟/漫画ゴラク1968年(S43)

No.6 征服者の最後/漫画ゴラク1968年(S43) 新(リメイク)⇒旧作についてはリストで見つけられず

No.7 みなごろしの歌/リストに見つけられず 旧作と思われる同名の作品がリストにある⇒「黒い影」三洋社1960年(S35)

 どの作品も佐藤まさあき作品らしさが感じられます。

・貸本漫画~雑誌の移行期(端境期)直後と言える時期に制作された事もあるのでしょう、30~50ぺージ程度の作品としては、密度が濃いというか、詰めこんだ感があるように感じます。

・女性キャラクターをはじめとして、全体のキャラクターに統一感が無いような印象があります。貸本時代と違って、背景まで精緻に描写する必要が出てきた、と言えるかと思いますが、さいとう・プロのようなシステマチックな分業体制が行われていたとは言い難いでしょう。

佐藤まさあきゴラクコミックスみなごろしの歌 (2)-1024

 

 見開きです。拳銃を握るのは佐藤さんでしょうか?(苦笑)

佐藤まさあきゴラクコミックスみなごろしの歌 (1)-1024

巻末です。銃を構える御馴染みの佐藤さんの写真(苦笑)。作品解題と、編集後記的な一文です。

佐藤まさあきゴラクコミックスみなごろしの歌 (3)-1024

 

表紙です。デザイン的には真っ当すぎる?。やはり、これも佐藤さんらしいですね。

2017.10.10記す。

 

身辺雑記

ブログ含めてひと月ほど更新できていない・・残念。

8月に入ってからは、やることなす事イマイチ、いまひとつ。公私に亘って(公も私も全く大したことないのではあるが)独りよがりな日々が続きました。

お盆安みは幸いにも七日間連休でしたが、充実したうようなしなかったような。

部屋掃除が出来た、ビデオ視聴環境に改善があった、・・この2件ですかねえ、plusな事は。

出掛けると買い物してしまうので、断捨離に憧れるものの全く進められない、ヘタレ野郎としては、またまた不要物を買い込んでしまうだけになってしまうという残念な結果が見えるだけでして、自宅待機が続きました(苦笑)。先立つものは無いことは無い(苦笑)←ホントか?

8月下旬突入。人生あっという間に終わらないように少しは気合いを入れようと思うのでした。

2017/8/21記す