山森作品紹介02:2021年作成

 作品紹介 初期B6判

◇◇ 明日なき男 日の丸文庫 ◇◇

 

山森進(明日なき男)日の丸文庫 (1)_R1

ストーリー

京都駅に降り立つ探偵勝山勇三。彼は二歳とし上の友人の橋本五郎より、ぜひ来て欲しいとの連絡を旅券と旅費同封でもらい、京都へやって来たのであった。友人橋本の住むアパートを訪ねるも、彼は、ちょうど前日二階から落ちて死んでしまっていた。寺で焼香を済ませた勝山にクルマに乗った男が運転席より勝山に話しかけてくる。助手席に座った勝山に、男は「自分は西陣署の刑事・西村であり、旅券旅費同封で京都へ加山へ来て欲しい旨連絡したのは、実は自分であった」打ち明ける。西村は勝山勇三の名探偵ぶりをよく知っており、橋本の「怪死」とまで言うのであった。京都の街の人々を混乱させている大規模な偽札事件、そして、外科医の失踪が新聞を賑わせている。橋本は、これら二つの事件と関係しているのか?名探偵勝山の推理が冴える・・・。

山森進(明日なき男)日の丸文庫 (2)_R1

 見どころ 

作品見開き扉部分、署名があり1956年(昭和31)制作作品であることが分かる。ミステリー、アクション、探偵モノ、娯楽的な要素を前面に押し出した作品でテンポ良く読ませます。瑞々しさと若さに溢れた作品と言えるでしょう。

 さほど重要な役回りではないのですが二人の女性が出てきてどちらも興味深い造形です。ひとりは全くの端役、お遊び的に出てくる橋本五郎の住むアパートの住人。意地の悪さ?を強調したキャラクター。もう一人は橋本五郎の妹で、勝山とのロマンス的な展開を若干は期待するのですが、全くそういったことはありません。

 アクション映画を紙面に再現する、偽札造りに関わった男たちとの攻防〜追跡劇は多くのページを使いたいへんに見ごたえのあるモノになっています。

 ◇◇ 復讐の部屋 ◇◇

 ストーリー

クリスマスの売り出しのために街頭広告人として働く男。彼は最近まで従業員百名程度の会社で専務として裕福に暮らしていたが、会社が火事となり会社自体が倒産し、今は日銭を稼いで糊口をしのぐ身となっていた。その会社の社長(元)は、会社を失ったものの保険金が入り、それなりに豊かに暮らしていた。

 元専務は、久方ぶりに会った元社長の豊かな生活ぶりに驚き、会社の火事は元社長による放火の類(保険金詐欺目的)ではないのか?という疑念を抱く。

 見どころ 解題

サスペンスドラマ、ミステリーとしては、弱い作品かもしれません。ですが、凶悪犯罪、異常犯罪などの派手な、作劇上の分かり易さから一線を画し、新たな漫画表現を目指したいという、作者の意図を感じます。エンディングにかけての展開は、やや雑な印象は免れませんが、

 作画全体に、黒い部分、陰影部分が、デビュー当時より増えている印象で、手塚的なスタイル、精緻な描きこみが特徴の絵物語的、などの従来のスタイル、どれにも当てはまらない世界が構築されつつあるように感じます。

 デビュー後直後の昭和31年から32年頃の作品と思われます。

 B5判128p、ハードカバー 株式会社暁星 奥付ページの下部部分の丁度、奥付情報の記載された部分が破りとられており、発行日情報などが全く分からないのが残念です。ですが、そのページの上中段部分には「暁星まんがシリーズ(予告)」とあり、5作品(タイトル)が記載、作者として、安孫子山彦、山本一夫、山森進、大竹昌夫、佐藤雅明の名がある。