カテゴリー別アーカイブ: ハクダイのブログ

 劇画という用語の登場時期について 辰巳ヨシヒロ&松本正彦 貸本時代:電子版を読む

2019年正月の三日目、気の向くままに電子書籍サイトで購入してあった9冊を読んでみました。購入後、初めて読むのも若干ありましたが、ほぼ再読です。

辰巳ヨシヒロが三冊
  目撃者、私は消えてゆく、続私は消えてゆく
松本正彦が五冊 
 サボテンくん、金色の悪魔、都会の虹、勇者黒帯くん、人形紳士
 そして、影第二集の全9冊です。

  以前から気になっていたのですが、辰巳さんの目撃者についてです。扉には「長篇スリラー劇画」「セントラル文庫」の文字があり、その次の見開き頁(こちらも扉と言えるでしょう)で初めてタイトル「目撃者」と手描き文字で描かれます。そして見開き頁の右上に以下のテキストがあります。

 脚本 劇画シナリオ工房

 劇画化 辰巳ヨシヒロ

 編集 あさひ・昇

 そして見開き頁での目次があり、1頁の『導入用のアソビ的な頁』があり、やっと本文になります。『導入用のアソビ的な頁』としましたが、専門的な用語があるのかもしれませんが、当方、勉強不足で分かりません。ですが、ここに57-5と手描きで製作年月らしき数字が入っています。

 青林工藝舎 大発見巻末の年譜の、1957年5月 にある「目撃者/単行本 セントラル文庫/126pがこのebookJapan電子書籍の目撃者に相当するかと思われます。 一般的に流布している辰巳ヨシヒロが、「劇画」という用語を初めて使用したとされる、『幽霊タクシー』街12/29p/セントラル文庫/58年2月刊 (この年譜では1957年12月のところに記載)より半年ほど早い時期の頃になる。

 幽霊タクシーにおいて、劇画という用語が公に使用された、という認識も考えなおす必要があるのでしょうか?目撃者の刊行自体が、だいぶ後になってから(1958年以降とか?)という理由で辰巳さん自身があえて、この作品を無かったモノとしたか?(習作的な位置づけで発表する気がなかったとか?)。辰巳さん自身が、完全に単純に忘れてしまっていたか?

辰巳ヨシヒロ大発見年譜1 (1) 年譜の1957年の5月に 目撃者が記載。

 

辰巳ヨシヒロ大発見年譜1 (2)年譜の1957年の12月に 幽霊タクシー 記載。

 目撃者の現物にあたることさえ難しいので、検証は困難ですね(少なくてもワタクシ的には)

2019.1.4記載

以下2019.1.24追記です。

上記を書いてから辰巳さんので劇画暮らしを改めて読み直していたら、この目撃者について触れていました。昭和32年12月完成の「幽霊タクシー」を「ミステリー劇画」して初めて「劇画」の呼称を明記した、と。続けてカッコ書きで、正確には32年五月発行の『劇画シナリオ工房』と記載、とあります。単行本表紙(と思われる)写真もあり、冒険王付録のために描いた「生き残った男」の四十ページのリメイク版とあります。

 辰巳さん自身は、この目撃者で『劇画』という用語を初めて使用している事を覚えているようですが、まだ、この時点では、自分自身の中で、劇画と新しい呼称で呼ぶことに抵抗があったのかもしれませんね。(まあ、辰巳さん自身がどう考えたか?今となっては知る由もないのですが)。(2019.1.24追記)

辰巳ヨシヒロ 大発見

2002年に青林工藝舎から刊行されたこの「大発見」は、13作品を収録した辰巳ヨシヒロ入門には最適な1冊(何冊かのウチの1冊)か?)と思います。書籍タイトルの「大発見」は、収録作の「大発見」からきています(他の意味合いも持たせているようですが)。

個人的な事ですが、腰痛、ひざ痛に長年悩まされており、テレビの健康番組等で腰痛対策~改善、予防等の簡単な体操などの情報には直ぐ飛びつきます(苦笑)。まあ、あまり激しいモノなどは自己判断が難しいので、手軽に出来ていつでも止められる、日常生活に簡単に取り入れられる、などが大事なポイントになります。(なんとも、ヘタレですね)

二、三週間ほど前にテレビで後ろ向きに歩くと腰痛~ひざ痛に良い、なんでもつま先に力を掛けられるから?、という情報を入手して、さっそく試しております。今のところ、それなりに続けられてます・・・・。いつまで続きますかねえ。

後ろ向きに歩く、まさに、この「大発見」の主人公ですね。転倒したことが切っ掛けなのか?失意にあったサラリーマンは後ろ向きに歩く、という生活をスタートさせる。後ろ向きに歩く事の理由は何なのか?ふざけているのか?真剣なのか?男の真意はつかみどころが無いのだが、時間を巻き戻せる~若返りの秘策である、とこっそりと秘密を打ち明けるのだった。

読者に解釈を委ねるような、ぼんやりした作品かと思いますが、ユーモアものとして考えれば、なかなかに深い作品かと思います。

2018.11.19記す。大発見蔵書はグラサン紙仕様です(苦笑)。

 

 

 

山松ゆうきち 原色ギャンブル図鑑を読む

劇画キングシリーズ 520 発行はスタジオシップ、発行者名として小池一夫さんの名前があります。本体に発行日の記載は無いのですが、カバーには1990年3月10日初版発行とあります。

 約20ページ程度の作品が12編ほど収録されています。雑誌掲載時は、シリーズ連作的な体裁だったのかもしれませんが、この単行本から得られる情報は上記に書いたことが全てです。

blog for (1)-1280

 

1989年に昭和より平成へかわるので、昭和の最末期(昭和60年代)、西暦でいえば1980年代後半に描かれた作品が多いと推測します。

ギャンブルとは縁遠い作品も1編ほどあります(日本から来たチャンピオン)←実録的なボクシングモノ。ですが、残る11編は、ギャンブルにまつわる人間模様、あるいはギャンブル好きな特殊な?特異な?人間の生態を描いております。

単なるバカ話として構想された作品が多いのかもしれませんが、平成末期の、今の視点から考えると、妙にリアルだなあ?という感想を持たざるを得ません。こんなバカなことは滅多にないよね、まるでマンガですよね・・・軽い娯楽モノとして描かれてた側面が強いのかもしれませんが、ああ、あるよねこういう事、と妙に納得してしまう作品ばかりです。

山松さん自身は、平成の三十年間で世の中なり日本人の暮らしぶり~心情が大きく変わったと思っているのでしょうか?いや、そんなに世の中変わってないよ・・とあっさり言ってのけるのでしょうか?個人的には、とても気になりますね。

山松さん、やっぱりた只者じゃあないです。

2018.11.12記す

まんだらけZENBU NO.88が届きました

特集 象

好美のぼる特集 まんだらけZENBU88号。歳のせいでしょうか?まんだらけの届くまでの期間が短くなっています(苦笑)。

象特集とは正直意外な気がしましたが、パラパラめくり進めると結構目に留まるものがありますね。

テレビアニメーション作品・ジャングル黒べえ(ベエ)に出て来たパオパオ、という象みたいな生き物(脚が二本しかない)も象マニアの興味に入るのか?などと考えてしましました。このジャングル黒べえ、藤子作品としては珍しくアニメーション先行作品だったようで(ウイキぺデア情報によると)、藤子作品としては微妙な立ち位置にある作品のようです。1973年昭和48年、自分は小学三年生くらいかと思います。小学館の学習雑誌には連載されていたようなので、アニメも雑誌のマンガも楽しく見て読んでいたかと思います(正直、アニメは楽しく見ていたのは覚えているが、マンガは覚えていない)。

巻末の特集は好美のぼる。特殊な評価をされているマンガ家さん、という言い方は失礼になるのかもしれませんが、平均的な作家、作品というのは、消費されたらオシマイ、という事実は素直に認めなければならないのかもしれませんね。

2018.9.10記す

ブログ用 (5)-1280